九州グラウンド株式会社|芝生地造成・設計・施工・メンテナンス|芝生販売|造園|屋上緑化|ビオトープ造成|福岡県福岡市

qrcode.png
http://k-ground.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

九州グラウンド株式会社
〒811-0214
福岡県福岡市東区和白東2丁目1番44号
TEL.092-607-0444
FAX.092-607-0443

──────────────────
■芝生地造成・設計・施工・
 メンテナンス
■芝生販売
■造園
■公園指定管理者
■屋上緑化
──────────────────
■造園工事業・福岡県知事許可.
 特27第7268
──────────────────
 

工法

   
芝生地を新たに造る場合は「張芝」が一般的でしたが、
 
近年ではいくつかの新工法が開発されています。
             
 

播芝工法

播芝工法
 
 美しい仕上がりと、活着を早くする強風地での施工しやすさ。ティフトンなどをまき芝でターフにする時に、使われます。
芝生をバラバラにほぐし、1株(茎)の苗にして床土に植え付けます。地表2~3cmの間に苗を定着しなければ発芽しないために専門的な機械が必要。ティフトンではこの工法で行われることが多い。
 

ポット苗移植工法(ティフトンPOT苗)

ポット苗移植工法(ティフトンPOT苗)
 
 芝生の施工には色々な方法がありますが、小学校や幼稚園の園庭などで張芝ではなくpot苗を植え付ける工法が多用されています(鳥取方式)。 そこで私どものpot苗での施工バリエーションを紹介いたします。
<新植>
芝床の固結を解消すること(5㎝~10㎝程度の土壌改良)が条件です、安易に硬い造成面にpot苗を植えつけて被覆はするものの、根が十分に下りていないのに使い出すと速く擦り切れるケースがあるようです。 工法は造成面の土を5㎝角程度に堀りビーポットに繁殖させたティフトン苗を植えつける方法です。 メリットは植え込み時のストレスが殆どありません、ポットの中で力を蓄えた状態ですので、すぐ繁殖が始まります
<補植>
ティフトン芝のサッカー場や多目的グラウンド、野球場外野などの裸地や擦り切れなどによりダメージが激しい場所に補植し養生管理をする生育スピードが速いので短期間で修復可能である。
 

ビッグロール工法

ビッグロール工法
 
施工の簡便化と省力化、施工期間の大幅短縮が可能なカット芝。
エルトロビックロール芝(擦り切れに強く管理しやすい芝生)ビクトールビックロール芝(緑色の期間が長く美しい芝生)で可能です、大きさは1巻き 10㎡(約1m×10m)
 

ロール芝

ロール芝
 
従来のロール芝より一枚の面積がはるかに多く軽い製品です。 エルトロ・ロール芝とビクトール・ロール芝があります。
 1.従来のロール状のものより幅・長さ共に大きく、施工が早くきれい
   に仕上がる
 2.従来のロール状のものより土が少なく軽いので、小運搬の負担を下
   げ、施工効率をあげる
 3.少人数で早期の施工が可能で、施工コストを軽減する
 4.早い、芝生地の出来上がりが期待できる
 
 

WOS(ウインターオーバーシーディング)

WOS(ウインターオーバーシーディング)
 
 冬場に枯れてしまう暖地型芝生の上から、冬場も緑を保つ寒地型芝生の種子をまき、1年中芝生を常緑に保ちます。
エバーグリーンを実現するには暖地型芝をベースに9月頃に寒地型芝(冬芝)を播種します、暖地型芝が11月には休眠して枯色になりますが、その上を冬芝の緑で覆い、晩秋から早春までの美しい景観を保ちます。
 
 

芝生洗浄(カット芝)

芝生洗浄(カット芝)
 
芝に付いている土を洗い落とすことで、殺菌及び雑草の種子などがなくなります。
土を洗い落とすことで、路盤との層が無くなり水はけもよく、根の伸びが速く 施工後の生育に好影響を与えます。
<<九州グラウンド株式会社>> 〒811-0214 福岡県福岡市東区和白東2丁目1番44号 TEL:092-607-0444 FAX:092-607-0443